冬のゴルフ練習はアプローチを中心に

一年の一番寒い冬ど真ん中ですね。

 

でも、冬の練習次第でライバルに差をつけられますよ。

 

暖かくなるのを心待ちにしながら冬場はアプローチの練習を中心に腕を磨いています。

 

そんな練習内容をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

冬のゴルフ練習は先ずは柔軟体操

 

冬場は急に激しい運動をすると体が体を動かす準備が出来ていないので思わぬところを痛めることがあります。

 

先ずはしっかり柔軟体操を行なってこれから体を動かすんだぞということを体に教えて上げます。

 

特に間接や背中を痛めることが多いですから注意しましょうね。

 

 

冬のゴルフ練習はアプローチを中心に

 

冬場はあまり長いクラブを振るのは控えてショートゲーム、アプローチの練習を中心に行います。

 

でも、アプローチの練習って単調で地味ですからあまり楽しくないと思うかもしれませんが、やり方次第で楽しく練習できるんです。

 

それとミート率を高める事も大事ですね。

 

アプローチでミート率が低いのは痛いですから、冬の練習の中でしっかりコンタクトできるようになることはとても大事。

 

 

スポンサーリンク

 

 

自分の距離をつかむ

 

アプローチウェッジで肩から肩の振り幅で何ヤード飛びますか?

 

胸から胸は?腰から腰、膝から膝…

 

ボクは振り幅で自分の飛距離を確認しています。

 

そしてグリップの長さを変えて肩ー肩、腰ー腰、膝ー膝…の距離も確認します。

 

意外と「こんなに飛ぶんだ」とか「こんなもんか…」と発見があります。

 

アプローチウェッジ以外にもピッチングとか9番アイアンとかサンドウェッジなどでも同じように自分の飛距離を確認。

 

この自分の飛距離を知るということがとても大事なんですよね〜

 

 


 

 

落とし所をイメージしてアプローチ

 

自分の飛距離が確認できたら今度は実践的にグリーンの落とし所をイメージしてアプローチ練習。

 

これは実際のラウンドでもやっていますけど、落とし所だけじゃなくボールの高さもイメージします。

 

どのくらいの高さであそこに落とすというイメージが大事なんですよねー

 

ボールの高さのイメージを持って落とし所に打つという事をするかしないかで寄せワン率が全然違ってくるんです。

 

冬場の練習は地味ですけど振り幅の少ないアプローチをしっかり練習して暖かくなるのを待ちましょう。

 

 

ライバルの知らない間にこっそりレベルアップするならコレ!! (^-^)/
ゴルフマニュアル 人気 No.2「100切り!パーフェクトマスター」

 

スコアアップのバイブル!ライバルに差をつけるならコレ!! (^O^)/
ゴルフマニュアル 不動の人気 No.1「7日間シングルプログラム」

 

 

忘れちゃいけないパター練習

 


そして寒い冬でも気軽にできるのがパター練習ですね。

 

家の中で気が向いた時に簡単に練習ができるのがいいところ。

 

家の中だと1.5mから2mくらいですけど、とにかくストレートに打ち出す練習がいいです。

 

ボールのセット位置、振り幅、グリッププレッシャー、ヘッドアップ…気にしなければいけないところがいっぱい。

 

でも、パター次第でスコアはかなり変わりますから、たとえ狙い所が間違っていたとしても自分の狙うラインに正確に打ち出せるようにならないと…

 

冬場はアプローチやパターのショートゲームを中心に練習して暖かくなるのを待つ。

 

冬場の練習がスコアを縮める事は間違いありません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後までお読み頂きありがとうござます (^^)

 

 


人気ブログランキングへ