ボク、転職しますの巻 ①

 

 

昨年、キャリアコンサルに紹介されて就職した今の会社。
入る前はいい話ばかり聞かされていましたが、
入ってみないとわからないものですよね。

 

再度、転職することにしました。
今日はそのお話です。

 

 

転職したことありますか?

 

現在、仕事にやりがいを感じてバリバリ働いてる方、
不満がありながらも事情があって転職できずにいる方、
色々あると思いますがボクは今の会社が3社目で、
次に移る会社で4社目になります。

 

別に飽きっぽい性格では決してありませんよ(笑)

 

今の会社の在籍期間が1年4か月と極短期間になるので
なかったことにしたいくらいです ^^;

 

転職したことありますか?

 

転職するきっかけも人それぞれだと思いますが、ボクの場合は
2社目はキャリアアップ、3社目(今の会社)は半リストラ、
4社目は会社に対する不満(笑)

 

元々、コンピュータ会社の保守サービスをしていたのですが、
36歳で管理職的な立場に…
まだ早いでしょ、もう少し現場に携わっていたい、新しい技術にも
触れてみたいと2社目に移りました。

 

2社目は外資系医療機器メーカー。
青森だったら入れてやる、今の会社でもらえるはずの夏季賞与も
こっちで面倒見てやるから明日にでも来てほしいと…

 

さすが、外資系医療機器メーカー、札束で頬をひっぱたかれてる気分 ^^;
ちょっと魅力がありましたが3週間待ってもらいましたよ。
あのまま行ってたら、いくらもらえたんだろうか(笑)

 

3社目はリストラぎりぎりの早期退職でキャリアコンサルを利用して今の会社。
この会社が曲者でした。
というかキャリアコンサルも相当曲者…

 

まあ、全て自分が決断して選択した道ですから人のせいにはしませんが
キャリアコンサルも結構雑ですよー

 

まあ、所詮、部外者ですから会社の内情まではわからなくて当然ですね。
そこに期待してはいけないって事です。

 

自分で会社を見抜く目を養わないといけないんだな…

 

 

スポンサーリンク

 

キャリアコンサル体験談

 
R社、M社、P社、MP社・・・
キャリアコンサルも星の数とはいいませんが結構ありますよね。
ボクが利用したのは2社目の会社が提携していたR社。

 

P社にすることもできたのですが再就職活動中の者同士でワークアウトしたり、
面接した内容の発表会したりと再就職活動者同士でお互いに励ましあう?
そんな場を設けてるとか得意げに所長さんから説明受けて…

 

ボク的にはそんなの勘弁してー
再就職活動者同士で慣れ合いたくなんかないわ…
と思ってR社にしたんです。

 

あとの祭りですが、P社にしていたらまた違った人生になってたかも知れせん。

 

キャリアコンサルには大きく分けて二つのシステムがあります。
担当者が再就職活動者のキャリアや要望、性格から適した会社をその担当者が見つけて回る1対1の担当者制と担当者はあくまで窓口で再就職活動者の希望企業を見つけて回る部隊がいるシステムの1対多制です。

 

希望の企業が早く見つかる可能性の高いのは1対多制ですね。
1対1では時間がかかるのは明らかです。
でも、1対1だと再就職希望者の個性や性格、キャリアを
担当者が完全に把握できるのでミスマッチが起こりにくいのも事実。

 

ボクは時間的にも余裕があったので1対1でもよかったんですけど
離職者同士で慣れ合うのだけは避けたかったんですよねー

 

スキルの棚卸をさせられて自己分析、自分の性格にあった職種を分析し、
そのデータを元に希望の求人を探してくれるんですけど、
なんだかんだ言っても最終的には自分の希望職種なんですよ。

 

今までの分析とかは何だったの?って感じです。

 

 

 

3社目への転職 ボクの場合

 

2社目を辞めた時は次は何をしよう?って改めて考えました。
50過ぎたところで、きっと次が定年までの最後の会社。
ここでのミスマッチは痛いですからね、ミスりましたけど(笑)

 

コンサルに初めていわれたのが、
「50過ぎると転職は正直厳しい、でも仕事がないわけではないですよ」
という一言…

 

焦らせるわけではなく、励ましの言葉に聞こえるかもしれませんが
実は希望の職種にこだわらなければ、案外仕事はありますよって意味なんです。

 

ボクもこれまで30年のキャリアとして保守サービス業に携わってきましたので関係する職種だったらいいかなーとは思っていたものの、そんなタイミングよく希望の職種の募集があるわけがなく、いっその事、会社や施設丸ごと保守みたいな仕事だったらやりがいもあるかなと思って、そっち系で探してもらってました。

 

3週に1回くらいかなー
R社に行くたびに新しい案件を紹介されるんですけど、明らかに
紹介するものがないから無理やり提案してるだろ!というのも結構ありました ^^;

 

ホント、意外とテキトーです。
ボクがどの仕事に興味を引くのか確認してるみたい。
違うでしょ、希望の職種を探すのがお宅らの仕事でしょ?
時間が経つにつれ、ボクが諦めて希望していない会社を選択するのを待ってる様子。

 

ボクに着いた担当者がですね、心の声を声に出しちゃう人で、
自分ではボクに聞こえていないと思ってるのが全部、聞こえてくるんです(笑)

 

「いいから、さっさと決めてくれねーかな。ダメだったらまた面倒見てやるよ…」

 

この担当者と面談する度に、こんなつぶやきが聞こえてくるんです。
とっても失礼なおっちゃんですがボクはそれを結構、面白がって聞いてました。

 

あ、これよさそう!と心にもないことを言って担当者が食いついてきたところで
でもなーこの条件じゃ却下だな…と上げて落とす。

 

担当者の苦虫をつぶしたような顔、痛快です(笑)
失礼な態度取ってるんですもん、このくらいのイタズラはお互い様でしょう。

 

企業と提携しているキャリアコンサルは一人くらい再就職が決まろうが決まるまいが
基本的に痛くもかゆくもないんですよね。企業と提携している時点で契約金は手にしてます。

 

あるとすれば個人の成績、成約率とか採用募集をかけている企業に対する
人材の紹介率を上げて顧客を増やし続けていくことでしょうか。

 

まあ、ボクとしても早く決めることでハローワークから再就職のお祝い金の掛け率が上がるので、今まで払い続けてきた雇用保険代金を少しでも多く回収することができますから早く決めたい気持ちはあるんですけど、最後の職場だと思ってるのでやっぱり後悔はしたくない…

 

慎重にもなりますよね。

 

そんなこんなで3か月経過したところで、ここだったらいいかなという今の会社が見つかります。給料は前職の三分の一、手取りで新人大卒の初任給くらい。ギリギリですがなんとか生活できそう。

 

通勤はマイカー通勤、高速使えば40分、下道だったら1時間、ETCマイレージを使えば月に1万4〜5千円。ガソリン代は月に2万円、通勤手当は出ますけど下道での換算なので高速代は含まれていません。始業は朝8時…道路は空いてる時間ですが始業が8時と早いので高速道路通勤。

 

会社の近くに飲食店なし、コンビニはあります。
お昼ごはんはお弁当、自分で作らないといけない。
ん〜やっていけるか?

 

でも、やりがいはありそう…かな?

 

社長と面談してみることに…

 

そしたら社長に夢を語られちゃったんですよね。
初めて会ったボクに夢を語るんですよ。

 

5年で現在の倍の規模の会社にしたいとか語るんです。
男に夢を語られちゃったらねー
これは協力しないわけにいかないでしょ。
まあ、これが甘かったんですけどね…(笑)

 

でも、今時、この会社はホームページもない会社だったので全く詳細がわからない。
そんな会社に入っていいものだろうか?
R社のおっちゃんはニコニコしながら例の心の声をボクにぶつけてきます。

 

これも縁てことか?
決めるかー

 

 

 

でも、これが最悪の選択になったのでした…

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク