ボク、転職しますの巻 ②

 

 

いささか不安はありましたけど、
この会社を終の住処(会社)にしよう。

うん、頑張ろー (^O^)/

 

そんな、ワクワクした気分だったんですけどね…

 

 

普通の会社にして欲しい?

 

なんだそりゃ?
ここは、普通の会社じゃないのね ^^;

 

転職したこの会社は分類すると製造業で建設用の資材を製造して施工している会社です。
メーカーと言うには程遠いですけど…世間から見るとメーカーということになりますね。

 

社長が言うには、普通の一般的な会社にしたいということなんですけど
礼儀だったり言動やマナーが全くダメとか…
いや、それは教育ができていないアンタのせいじゃないの?

 

仙台の隣町ともなると、まだまだ田舎です。
田舎に工場建てて、安い賃金で人を集めてモノを作る。
そんな感じで始まった会社みたいです。

 

所詮、三流企業には三流の人材しか集まらないからしょうがないという考えで、その人達を育てようとは思わなかったようです。いや、育てる・教育する力がなかったんだな…

 

もう少し何が問題なのか、社員にも話しを聞く必要があります。
まあ、ゆっくり探ってみよう。

 

 

子供じみた洗礼

 

入社しての三日間は工場のモノづくりの流れや加工の様子を見学するように
言われたのですが、工場長が体験したほうがいいと作業を指示してきました。

 

回りの部下たちに「こき使ってやっていいから」と明らかな嫌がらせ。

 

どうも、ぶっ倒れるまでヘロヘロにさせたいようです。
自分のほうが上なんだぞって回りに見せたいんでしょうね。
今時、サル山のボス猿だってこんな格好悪いことしないぞ(笑)

 

まあ、上に立つ人がこんな言動だからダメなんだろうな…

 

残念ながらボクはこれでも結構タフなんです。
三日間、汗だくになりましたけど音を上げたのは部下の方。
お生憎様〜 (^O^)/

 

そして、こんな3日間の中でも結構収穫がありました。
やっぱり会社の問題点は社員に聞くのが一番ですねー
そして、出てきた社員の不満は…

 

社長と工場長に対する不満ばっかり!!

 

どういうことだ?
社員たちの頂点にいるつもりの社長と工場長は社員たちからバカにされて、
完全に見下されています。

 

180度異なる逆転現象でボクも頭が混乱…
社長や工場長から、あいつら呼ばわりされている社員たちと会話した限りでは
すごく会社のことを考えているし改善したいことも色々考えているのがわかりました。

 

どうも彼等から上がる改善案や要望を工場長に伝えても、社長に伝わっていない?
社長が却下しているのか?

 

 

スポンサーリンク

 

諸悪の根源は…

 

社長は基本的に社員の改善案や要望は聞きません。
社員のことは頭の悪いサル呼ばわりで、
あいつらの要望なんか聞き流しておけばいいと…

 

そして、工場長は社長に意見することが出来ません。
言うと社長が逆ギレするんです。
これじゃあ何もよくなりませんね…
部下にバカにされるのも当たり前。

 

そして事務所には社長の娘がいるのですがこの娘も超曲者。
ワガママというか言い出したら我が通らないと手に負えないバカ娘。
取締役にしているせいで回りも扱いが難しそう…

 

ようやく見えました。
普通の会社にならないのはアンタら親子のせいだわ。
残念ながら手の施しようがありませんね。

 

そんな八方塞がりの中でもなんとか自分にとって、
居心地のいい会社にしたいなと思って頑張ったんですけど
次第に体調が悪くなって鬱になりましたわ ^^;

 

また機会を見て鬱の体験記を投稿しようと思いますが、
鬱は本当に辛い病気です。

 

医者から診断書をもらったら重度の鬱…
会社を休むか、辞めなさいって言われましたよ ^^;

 

そのまま社長に伝えたら無理しないでやってくれと…
あ、休ませないのね ^^;
じゃあ、ボクも好きにさせてもらうわ。

 

 

 

譲れない一線

 

薬を服用しながらですが基本的には人事的な新卒や中途の採用に関係するものをコツコツやってました。

 

ホームページを立ち上げたのも新卒者に今時、ホームページも無いような会社ってどうよ?と自分が感じた事を感じさせないようにするため。イントラネットを作り上げたのは自分が資料を探す手間を短縮するため。とにかく自分が楽になって楽しい事をやってました。HTMLの勉強はいい勉強になりましたね〜 (^^)

 

あと、会議の進め方だったり、部門毎にワークアウトなんかもやりましたね。取り敢えず知らないことは教えてあげようと思いまして、今では自主的に集まってミーティングしてるので嬉しい限りです。

 

でもですね、これは見過ごせないというか許せないという出来事があったのです。

 

昨年、一昨年と「手抜き工事事件」が続き世間を騒がせたのは記憶に新しいところだと思います。恐らく、この事件が発覚してからだと思うのですが建設資材についての製造品質や品質管理のチェックでゼネコンや設計事務所が立入検査で入ることが非常に多くなってきました。

 

工事を受注した後の話なので、ここで是正を受けると非常に大変なんです。ですので、検査で指摘を受けないように日頃から管理をやらないといけないのですが、この会社は何もやっていません。もちろん、ISOなど取れる会社ではありません。

 

では、どうしたかというと…

 

やってもいない検査を日常的にやっているように適当にデータを作って書類を作らせました。その書類も真新しい紙では見られた時に不信がられるから手垢をつけておけって社長が指示したんです。

 

終わったな…
いくら会社を守るためとか綺麗事を並べてもこれはやってはいけないことでしょう。F社やM社と比べるのもおこがましいですが、バレなきゃわかりゃしねーのコンプライアンス違反。

 

なんで、管理体制がまだ整っていないからこういう形で管理していきますって正直に言えないんでしょう。検査が終わっても管理をしている様子はないし、本当にその場をしのぐためだけの裏工作。

 

収入印紙を貼らないとか、労基法を無茶苦茶に解釈して労基違反していることも百歩譲って目をつぶってましたが、さすがにこれは見過ごせない。

 

もう、この会社をなんとか良くしようとか思う気も失せましたわ…
社長の口癖の「バレなきゃわかりゃしねーんだから」も、いい加減に聞き飽きました ^^;

 

最近、気温が下がって来たせいなのかわかりませんが、また鬱の初期症状も出てきました。この会社に居続けたらきっとまた壊れる…

 

決断せねば…

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク