飲み会続きでも太らない飲み方

年末の出張は連日の飲み会で胃がお疲れ気味…

 

気になるのが体重ですね ^^;

 

そこで、飲み会に参加しても太らない飲み方を調べてみましたー (^O^)/

 

 

スポンサーリンク

糖質を控える

 

一口にお酒といっても色んなお酒がありますが、
太る原因となるお酒は糖質が含まれているお酒ですね。

 

特にビールや甘味料が入ったお酒…

飲みやすさに油断すると後で大変なことになるので注意しなければいけません。

 

最初から焼酎やハイボールというのも飲み会の席では印象が悪くなってしまうかもしれませんので乾杯の時はビールで周りに合わせたとしても2杯目以降は焼酎やウィスキーをお湯やお茶、炭酸水とかで割ったものがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

でも、糖質を控えたからといっても飲み過ぎたらいけません。

翌日も仕事だったりすると仕事に影響が出ますから量も程々にしましょう。

 

ちなみにビールの中ジョッキは一杯あたり約200Kカロリーあります。
おにぎり1個よりも多いんです。

 

5杯飲んだら…考えたくないですね ^^;

 

普段飲まない方で久しぶりの飲み会なら体重が戻るのも時間がかからないと思いますが、
連日となるとそうもいかなくなりますからしっかり予防しましょう。

 

 

 

おつまみにも工夫を

 

お酒を飲むとなぜか普段以上に食べちゃいますよね。
お酒って食欲を増幅させてしまうんです…

 

知らないうちに普段の倍とか食べちゃったりしてるんですよ。

怖いですね〜(笑)

 

飲み屋さんの料理は美味しいですからそれでなくても食べてしまいがちですけど、
それならば食べてもカロリーの低いものを自分の手の届く範囲に並べちゃいましょう。

 

高カロリーというとやはり揚げ物ですね、
これは自分から遠ざけて他の人に食べるように勧めましょう(笑)

 

自分の近くには低カロリー食材の枝豆とかサラダとか
食べすぎても影響がないものを並べる。

 

でも、それじゃあ割り勘負けしちゃうとかボリュームあるものが食べたいと思うようでしたらお刺身とか焼き魚とか焼き鳥なんかがいいと思います。

 

特にお魚はいいですね、今の時期のお魚は脂ものって美味しいですからねー

 

 

ちなみにボクの奥様は食事前に焼き梅干しを食べています。
外食の時も持参して食事前に食べたりしています。
焼き梅干しダイエットっていうんだそうですね。

 

梅干しをレンジで1分加熱するとバニリンという成分が20%増えるそうなのですが、
このバニリンというのがとてもいい子で肥満を抑制する効果があるのです。
しかも梅干しにしか含まれない成分。

 

食べないわけにはいきませんね。
飲み会の席に梅干し料理があったら真っ先に注文するしかないでしょ!!

 

でも、梅干しは塩分が多いので1日に3個までにしましょう。
塩分の取り過ぎはむくみの原因にもなりますからね。

 

 

飲み会のあとの誘惑に負けない!!

 

飲み会のあとの誘惑とは?
そうです、ラーメンですね (^^)

 

なんでお酒を飲んだあとにラーメンが食べたくなるのか調べてみました。

 

お酒を飲むとアルコールを分解するために多くのビタミンが使われてしまうそうです。
それで食欲が増幅されてしまうのですがラーメンのスープにはアルコールを分解するアミノ酸が豊富に含まれているのです。

 

要は体がアルコールを分解するために欲しているということなんですね。
ボクの奥様は麺を食べずにスープだけ飲むのですが塩分が多いので「やめなよ〜」と
いつも言うのですけど体が求めていたんだなあ。

 

納得…

 

でも、塩分の多いものはむくみの原因にもなりますから
体が求めていたとしてもよろしくないです。

 

やはり飲んだあとのラーメンは我慢するべきですね。

 

ラーメン食べるよりお水をいっぱい飲みましょう。
お酒を飲みながら口直しにお水を飲むのもいいようです。

 

特にお酒の席でトイレに頻繁に行かれる方は代謝が悪くなっている状態ですので
お水は多めに取ったほうがいいですよ。

 

まとめると持参できるのであれば焼き梅干しを飲み始める前に食べる、
または梅干しを使った料理があればそれを食べる。

 

ビールは乾杯の1杯で切り上げて糖分の少ない焼酎やウィスキーのお湯割りやお茶割りをお水を飲みながら飲む。

 

そして、おつまみは揚げ物は自分の近くに置かない、枝豆やサラダを中心に。
ボリュームのあるものが食べたければお刺身や焼き魚、焼き鳥を食べる。

 

最後にラーメンを食べない(笑)

 

これで飲み会太りも防げるでしょう。
でも、飲みすぎないというのが一番大事ですね (^^)

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後までお読み頂きありがとうござます。

 

 


人気ブログランキングへ